TOP
申請手数料
書類ダウンロード
確認申請
検査申請
構造適合判定
省エネ適合判定
住宅性能評価
長期優良住宅
低炭素建築物
住宅性能証明書
省エネ住宅ポイント
住宅瑕疵担保保険
CASBEE
フラット35
デューデリジェンス
BELS
既存建築物調査
性能向上計画認定(法30条)
認定表示(法36条)
TOP > 建築物エネルギー消費性能適合性判定業務

エコポイント対象住宅証明業務

エコポイント対象住宅証明業務概要

業務内容

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律に基づく建築物エネルギー消費性能適合性判定
業務区域 日本全域
業務対象

特定建築行為(注1)を行う建築物

 

※注1 特定建築行為とは
(1) 2,000㎡以上の非住宅建築物(特定建築物)の新築
(2) 特定建築物の増改築
(増築又は改築する部分のうち非住宅部分の床面積が300㎡以上のものに限る。)
(3) 特定建築物以外の増築
(増築する部分のうち非住宅部分の床面積が300㎡以上であるものであって、
当該建築物が増築後において特定建築物となる場合に限る。)

業務の流れ

関連情報

省エネ適合性判定・届出について
一般社団法人 住宅性能評価・表示協会

建築物省エネ法のページ
国土交通省

住宅性能評価関係書類

省エネ性能適合性判定の業務規程・業務約款はこちらのページを参照下さい。

省エネ性能適合性判定の申請手数料はこちらのページを参照下さい。

省エネ性能適合性判定申請書類のダウンロードはこちらのページを参照下さい。

お問い合わせ

住所:  〒169-0073 東京都新宿区百人町 2-16-15 M・Yビル3F

担当:  評価認証事業部 省エネ判定グループ

電話:  03-3362-0667(直通) FAX:03-3362-0669

E-Mail:  energy@good-eyes.co.jp

エコポイント対象住宅証明料金

1. 判定に係る料金

(1)建築物の用途が工場、倉庫等の場合

※表示価格は全て税抜金額です、別途消費税が加算されます。

対象床面積
(※1・2)

単独申請 確認申請と併願申請

標準入力法
主要室入力法

モデル建物法 標準入力法
主要室入力法

モデル建物法

300㎡~2,000㎡
未満
140,000円 80,000円 125,000円 70,000円
2,000㎡~5,000㎡
未満
180,000円 110,000円 160,000円 95,000円
5,000㎡~10,000㎡
未満
240,000円 130,000円 215,000円 115,000円
10,000㎡~15,000㎡
未満
260,000円 150,000円 230,000円 135,000円
15,000㎡~25,000㎡
未満
280,000円 180,000円 250,000円 160,000円
25,000㎡~50,000㎡
未満
300,000円 200,000円 270,000円 180,000円
50,000㎡~ 別途見積りによる

(2) 建築物の用途が (1)以外及び複合用途建築物の場合

※表示価格は全て税抜金額です、別途消費税が加算されます。

対象床面積
(※1・2)

単独申請 確認申請と併願申請

標準入力法
主要室入力法

モデル建物法 標準入力法
主要室入力法

モデル建物法

300㎡~2,000㎡
未満
240,000円 140,000円 215,000円 125,000円
2,000㎡~5,000㎡
未満
300,000円 180,000円 270,000円 160,000円
5,000㎡~10,000㎡
未満
400,000円 220,000円 360,000円 195,000円
10,000㎡~15,000㎡
未満
440,000円 250,000円 395,000円 225,000円
15,000㎡~25,000㎡
未満
480,000円 260,000円 430,000円 230,000円
25,000㎡~50,000㎡
未満
500,000円 300,000円 450,000円 270,000円
50,000㎡~ 別途見積りによる

2. 計画変更に係る料金

※表示価格は全て税抜金額です、別途消費税が加算されます。

区分

標準入力法
主要室入力法
モデル建物法
表(1)に区分される建築物
表(2)に区分される建築物
表(1)又は(2)の手数料に0.8を乗じた金額

3. 軽微な変更に係る料金(再計算により基準適合が明らかな場合)

※表示価格は全て税抜金額です、別途消費税が加算されます。

区分

標準入力法
主要室入力法
モデル建物法
表(1)に区分される建築物
表(2)に区分される建築物
表(1)又は(2)の手数料に0.5を乗じた金額

※1 「対象床面積」とは、適合義務の対象となる床面積とする。(外気に対して高い開放性を有する部分等を除く。)
※2 増築の場合は、増築後の対象床面積とする。

※通知書を滅失、汚損、又は破損し再発行する場合の料金は、1通につき5,000円とする。

ページトップへ